*

DSC07590

中原中也詩集「汚れっちまった悲しみに」

  2019/07/07    読書

「少年時」 「あをぐろい石に夏の日が照りつけ、庭の地面が、朱色に睡ってゐた 地平 …

DSC07478

なぜ秀才は東京大学合格を目指すのか、人生は多様である。

  2019/07/07    人生

多くの国公立大学は、高校別の合格者数を非公表としています。 私立大学は公表します …

DSC07822

高齢者施設ではなぜ子供もあきれる「童謡合唱」を行うのか。

  2019/07/05    人生

どこの国に、どこの家族が大人が集まって子供の 歌を強制させられるだろうか。 「春 …

DSC06808

日々の隙間の隠喩から、答えのない問いと向き合う思索の機知。

  2019/07/04    人生

恋愛は浅いようで深い。 逆に、深いようで浅いと言ったほうがいいかもしれない。 恋 …

DSC07440

昔は「手的時代」で生産時代、今は「足の時代」で消費の時代。

  2019/07/03    言葉・文章

誰かが私に、「祖国か友情か、どちらかを裏切らなければならない としたら、どっちを …

DSC07901

気の利いた「言葉」は良質のワインだ、しみじみと味わいたい。

  2019/07/02    言葉・文章

「自分たちにしか通じない言葉をもつのが恋人同士である」 ひとは誰でも恋していると …