「 読書 」 一覧

DSC07590

中原中也詩集「汚れっちまった悲しみに」

  2019/07/07    読書

「少年時」 「あをぐろい石に夏の日が照りつけ、庭の地面が、朱色に睡ってゐた 地平 …

DSC07967

「名作小説」は多々あるが、なぜこれ程長さの違いがあるのか。

  2019/06/06    読書

マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」(1913年~1927年) 全七編は …

DSC07914

1931年ポール・二ザン「アデンアラビア」

  2019/04/26    読書

「アデンアラビア」冒頭文 「ぼくは二十歳だった。 それがひとの一生でいちばん美し …

DSC07409

読まずに、見逃してはもったいない、心に残る物語。

  2019/03/18    読書

私はまだ上田秋成の「雨月物語」を読んだことはありません。 その中から「浅茅が宿」 …

DSC07767

太宰治の「女生徒」の少女の魅力と「雪国」の駒子の美しさ。

  2019/03/17    読書

島村の旅館部屋で駒子が弾く、勧進帳の三味線の響き。 この場面は駒子の独擅場である …

DSC07476

「フランダースの犬」はなぜあんなにも悲しい話なのか?

  2018/12/15    読書

「ネロとパトラッシュはこの世に取り残された よるべない身の上だった。」 「ふたり …