西田幾多郎哲学(絶対矛盾的自己同一)は科学者に影響与えた。

   

dsc03606

DSC08277

時間と空間は矛盾している。112P
片方は流れていくもので空間は流れない。

しかし現実において時間と空間は一つになっている。
それを西田は「絶対矛盾的自己同一」と言った。

矛盾したものが一つになっているということだ。
「時間即空間」の「即」はイコールという意味である。

イコールだが矛盾している。113P
矛盾しているものが自己同一している。

ヘラクレイトスにおいては「矛盾している」ということは
「相反する」という表現になる。

相反するものが最も美しい調和を生む。
年輪が美しいのは、そこに時間と空間の調和があるからである。

「直観」というものは私たちがこの言葉から連想しがちな177P
「感性的直感」や「インスピレーション」といったものとは意味が異なる。

西田の「直観」とは気がつくということである。179P
西田の「場所」とは空間を指す概念ではない。

「福岡伸一、西田哲学を読む」池田善昭、福岡伸一著小学館新書引用

 - 旅行