相続に詳しい税理士と弁護士、司法書士の存在は貴重である。

      2020/11/21

DSC07123

DSC08321

お金持ちの条件とは年間の「所得」が1000万円以上。
「純資産」が1億円以上で、基礎控除を引いた「相続税」の対象になる人。

日本の税金は高いのか、少ないのか、を考える指標として、国民負担率の
国際比較が存在します。

国民所得に占める租税の割合を「租税負担率」といい、これに社会保険料
などを加えた割合が「国民負担率」です。

日本の「国民負担率」は43.9%です。
アメリカは32.5%、フランス67.6%、ドイツ52.6%などとなっている。

他国より負担率が低いからといって、税金が少ないと考えるのは短絡的で
ヨーロッパでは福祉制度や教育制度の充実した国が多く還元率が高いのです。

資産が多くなれば、それだけ税金も多くなるので、資産を減らさないように
「節税」をしなければなりません。

対策は二つ
①会社設立 ②相続贈与対策

法人を立ち上げると法人と個人で節税が可能になる。
法人税は累進課税ではない。(資本金1億円以下年間800万円以下の所得は15%ですむ)

「給与所得控除」が受けられる。
家族へ給与を支払うことができる。

退職金を支給できる。
経費の幅が増える。

会社の所有財産に相続税がかからない。
家族を株主にしておく。

社長個人が所有している不動産を「会社に賃貸する」ことで
節税できる。

相続時の評価算定において減額評価の可能性が高い土地。
①不整形地
②500㎡以上の住宅敷地、アパート敷地、空地
③市街地にある田、畑、山林
④4m以下の道路に面する土地
⑤道路通路になっている土地

税務調査に備えて、事前の準備はもちろん、調査当日の立会
交渉折衝、調査結果を踏まえた事後指導も行う。

申告書のほかに「書面添付制度」を実施すると税務署の信頼
を得ることにつながる。

「書面添付制度」とは税理士が申告書を作成するにあたって
計算、整理、相談に応じた事項に書面をまとめて添付する制度。

税務署が確認したい内容を説明しておくことで税務調査に入る
可能性が低くなる。

導入している税理士事務所は小数である。

ランドマーク税理士法人
横浜ランドマークタワー事務所37F
住所 みなとみらい2丁目2-1 電話045-929-1527

 - 人生