2020年「高輪ゲート」新駅が30番目の山手線駅になった理由。

      2020/11/05

DSC07086

1リニア新幹線
2リニア

山手線の新駅は西日暮里駅以来50年ぶりのことである。
2014年には東北縦貫線が開通し、東海道本線、東北本線、上越線が

繋がれば品川車両基地に留めてあった車両を田端車両基地(田端
運転所と尾久車両センター)に移動が可能になる。

スペースが不要になった品川車両基地跡地を有効活用するため
現在の山手線、京浜東北線の線路を東海道新幹線に沿う形で最長

200メートル東へ移動させる。
品川ー田町の駅間は2.2Kmと山手線で最も長い。

そこで品川駅から1キロメートルの地点に新駅を作る。
品川車両基地跡地15haを使い大規模都市開発を行う。

東海道新幹線に品川駅が開業したのは2003年10月。
2008年3月以降、こだま、ひかり、のぞみの全列車に乗車可能になった。

羽田空港は2010年10月に新国際線ターミナルがオープンした。
品川駅からは京浜急行電鉄で最速13分で羽田に行ける。

品川駅始発のリニア中央新幹線は東京ー名古屋間(40分)が2027年
東京ー大阪間(67分)が2045年に開業予定。

戦後の高度成長期以降、それまで東京ー大船間の線路を共有していた
東海道本線と横須賀線がラッシュの混雑緩和のために完全分離されて

1976年には東京ー品川駅間における横須賀線の地下線開通がなされた。
1972年には東京ー津田沼駅間の総武快速線が東京駅地下化で品川駅まで

つなぎ、1980年「品鶴線」と呼ばれる貨物線を活用し、大船駅まで走る
ことになり新川崎駅が新たに作られた。

東海道新幹線に品川駅ができたことは、人の流れを変えた。
新宿駅以西の駅利用者は必ず品川駅から新幹線に乗車する。

湘南新宿ラインが運行を開始したのは2001年12月のことである。
この線は東北本線、上越線、東海道本線、貨物線を一筆書きして走る。

今でも総武線や中央線は朝はすし詰め状態だが、山手線の混雑緩和の
ために東北縦貫線の開通、品川車両基地の廃止、車両基地の跡地を

有効活用するための山手線、京浜東北線の線路の移設、山手線と
京浜東北線の新駅建設、品川再開発。

いくつものアイデアが有機的につながって、50年ぶりに
山手線とに京浜東北線に新駅ができるのである。

予定通りに2027年リニア中央新幹線は品川駅に到着するだろうか。
2030年には北海道新幹線が札幌駅まで延伸する。
「山手線に新駅ができる本当の理由」市川宏雄著 メディアファクトリー新書参照

 - 鉄道