国民の熱狂も落胆も国家権力が弱点を突き困難を強いられる。

      2020/09/21

DSC07042

DSC08182

独裁者は法律を破って登場するものではない。
ヒトラーは「ワイマール憲法」のもとで現れた。

しかしヒンデンブルク大統領は愚かであり、ヒトラーの口車に乗り
1933年3月「全権委任法」を可決させナチスの独裁を許した。

1889年にヒトラーは生まれ、1921年ナチ党党首に就任。
1932年7月ナチ党は国会選挙で第一党になり1933年ヒトラーは首相になった。

ナチ党が躍進する大きな原因となったのは、1929年10月にアメリカで始まった
世界恐慌であった。

大恐慌以降のナチ党にとって重要だったのは、自分たちが国民共同体を作り上げ
られるとアピールすることである。

ヒトラーは1939年9月のポーランド侵攻を皮切りに、1940年5月の西ヨーロッパ
侵攻、1941年6月ソ連侵攻と周辺の国に牙をむき数百万のユダヤ人を殺害した。

それらの切っ掛けは、1933年の国会議事堂の放火事件で、オランダ人共産主義者
が逮捕されたのを口実に、共産党を弾圧した。

ヒトラーはドイツ国内のユダヤ人問題の、最終解決策として、占領後のソ連で
奴隷として働かせるか、シベリアに追放するか、いわば捨て駒として利用する

ことを考えていた。
しかしソ連は簡単に破ることはできず、アウシュビッツを作ることになる。

飢えと極寒でソ連から撤退したことはナチスドイツの致命傷となる。
そもそも6月にソ連に行く事は3か月で勝つということである。

1944年に連合軍はノルマンディーに上陸、アメリカは宣戦布告した。
1945年4月30日ヒトラーは自死した。

 - 歴史