川端康成「雪国」全文の半分手前に出てくる駒子の「勧進帳」。

   

DSC08260

DSC07485

島村ははっと気押された。
彼は東京の下町育ちで、幼い時から歌舞伎や日本踊になじむうちに

長唄の文句くらいは覚え、自ずと耳慣れているが、自分で習いは
しなかった。

長唄といえば直ぐ踊りの舞台が思い浮び、芸者の座敷を思い出さぬ
という風である。

「いやだわ、一番肩の張るお客さま。」と、駒子はちらっと下唇を
嚙んだが、三味線を膝に構えると、それでもう別の人になるのか、

素直に稽古本を開いて、
「この秋、譜で稽古したのね。」

勧進帳であった。
忽ち島村は頬から鳥肌立ちそうに涼しくなって、腹まで澄み通って来た。

たわいなく空にされた頭のなかいっぱいに、三味線の音が鳴り渡った。
全く彼は驚いてしまったと言うよりも叩きのめされてしまったのである。

敬虔の念に打たれた、悔恨の思いに洗われた。
自分はもう無力であって、駒子の力に思いのまま押し流されるのを快いと

身を捨てて浮ぶよりしかたがなかった。
十九や二十の田舎芸者の三味線なんか高が知れているはずだ、お座敷だのに

まるで舞台のように弾いてるじゃないか、おれ自身の山の感傷に過ぎんなどと
島村は思ってみようとしたし、駒子はわざと文句を棒読みしたり、ここは

ゆっくり、面倒臭いと言って飛ばしたりしたが、だんだん憑かれたように
声も高まって来ると、撥の音がどこまで冴えるのかと、島村はこわくなって、

虚勢を張るように肘枕で転がった。
勧進帳が終ると島村はほっとして、ああ、この女はおれに惚れているのだと

思ったが、それがまた情けなかった。
「こんな日は音がちがう。」と、雪の晴天を見上げて、駒子が言っただけの

ことはあった。
空気がちがうのである。

劇場の壁もなければ、聴衆もなければ、都会の塵埃もなければ、音はただ
純粋な冬の朝に澄み通って、遠くの雪の山々まで真直ぐに響いて行った。

川端康成著「雪国」新潮文庫参照

 - 言葉・文章