老人施設に入る人168万人、男性は41万人、女性は127万人。

      2019/10/09

DSC08048

DSC06948

2016年6月29日発表の人口統計です。
日本の人口は減少を始めましたが、65歳以上の人は3342万人。

全人口の26.7%です。
比率が高い県は秋田県33.5%、2位高知県32.9%、3位鳥取県32.6%。

最も低いのは沖縄県で19.7%これは肉を食べるのと、気候が良い
ことがあげられます。

次に65歳以上の一人暮らしの人は、男性179万人、女性は383万人
女性が200万人男性より多く、「寿命」「死別」「離別」が理由です。

これから大変な数が不足する「老人施設」の入所者は168万人です。
うち女性が127万人で男性の3倍の人数になる。

やはり女性の平均寿命が男性より8年近く長いことが原因でしょう。
私の身近な人たちを見ても男性は圧倒的に早く亡くなります。

施設に入らないで高齢者独身を敢行する男性は、かなり優れもの
であると言えます。

①男にとって家の中の掃除はやっかいなことです。
②男がひとりで朝夕、食事を用意して食べるのははりあいがなくなる。
③酒を飲む量は命の管理と等しい。
④会話をしない生活をどのように変えていくのか。
⑤金銭や家屋や近隣の付き合いをスムーズに行うことが必要。
⑥引きこもらないこと。

男が女性と違う所は、自分の弱さを認めることができないこと。
人間は弱きものである。

歳をとることは、自分がこわれものであることを感ずること。
取り扱いに注意である。

男は普通、強きものとして育てられる。
人の弱さを見落としてしまう、ミスを犯す経験は私にもある。

上野千鶴子先生は男はカネと権力に弱いと言っている。
女は女であることを証明するために男に選ばれなければ

ならないが、この反対は成り立たない。
男は男であることを、女に選ばれることによって証明するのでは

なくて、男同士の集団のなかで男として認められることで
証明する。

男が男になるためには、女はいらない。
男は男に承認されることで男になる。

これを「ホモソーシャル」と言うらしい。
限りなくホモセクシャルに近い恋闕の情がある。

 - 人生