いまのことばとふるいことば

      2019/07/08

DSC07905

DSC06441

「うるさい」騒々しい
①かしまし「あられ降りかしまの神を祈りつつ皇御軍士に我れは来にしを」
万葉集

「うわついた」うわき、うつりぎ
①あだ「いとあだに物し給ふと聞きし人を、ありありてかく逢ひ奉り給ひて」
大和物語

「うんめい」運命
①すくせ「女の宿世は浮かびたるなむあはれに侍る」
源氏物語

「かいだん」階段
①きざはし、きだはし「きざはしは、御手を取りてのぼせ奉り給ふ」
宇津保物語

「かわいい」可愛い
①めぐし「妻子みればめぐしうつくし」
万葉集

「だらしない」しまりがない
①しどけなし「こまやかなる御直衣、帯、しどけなくうち乱れ
給へる御さまにて」源氏物語

「なつかしい」懐かしい
①ゆかし「山路来て何やらゆかしすみれ草」
野ざらし紀行

日本語は千年以上の弛まざる歴史を持っている。
この歴史は「源氏物語」など、十一世紀の世界で高いレベルにあった

平安期の文学を考えると世界でも有数な言葉と言える。
これは日本語が漢字とふれあうことで文字が出来あがったことと深く

かかわりを持つ。

 

 - 言葉・文章