夕暮れに、周りの景色が夕日で美しく輝くことを夕彩という。

      2019/06/07

DSC07985

DSC07976

「露時雨」つゆしぐれ、とは露が一面に降りた野に
分け入ると、はらはらと露がこぼれる情景をいう。

「自然はさびしい、しかし人の手が加わると温かくなる
そのあたたかなものを求めて歩いてみよう」宮本常一

「草取り虫」
日本ではたんぼだけに生息し、寿命はおよそ一カ月。
体長は30ミリほどで、三億年前からほとんど姿が

変わらない。
この不思議な生き物は、生きた化石と呼ばれる「カブトエビ」

である。
たんぼの水底を掘り返しながら泥の中の有機物を食べている

様子から草取り虫と呼ばれる。

永井荷風先生の「荷風」荷という漢字にはハスの意味があり
荷花、荷香、荷葉といった言葉がある。

ハスの上を吹き渡る風のことを特に荷風という。
大きな蓮の葉が揺らぐ様は、清清しい。

 - 芸術