ヨーロッパ人の名前には文明の起源から伝わるものがある。

      2018/11/16

DSC07527

DSC07546

名前には多数の部族や民族の交流や興亡がありました。
ヨーロッパ人の人名は一般に洗礼名でありキリスト教的です。

キリスト教はメソポタミアにルーツを持つユダヤ教を母体に
ヘレニズム文化の強い影響を受けて生まれた。

キリスト教の聖典、新約聖書は紀元1~2世紀当時東地中海の
もっとも有力な国際語だった「コイネー」と呼ばれるギリシャ語

で書かれました。
科学の時代の中で宗教はどのような意味を持つのでしょうか。

「赤毛のアン」の始まりの方でアンが自分の名前はeのあるアンで
(Anne)あり、Annではないとこだわる場面があります。

これは両方とも聖母マリアの母アンナに由来するものです。
今は引退してしまったショーン・コネリー87歳はエジンバラ近郊の

生れで本名はト-マス・ショーン・コネリーであり、トーマスには
イングランド的響きがあります。

ショーンはスコットランドの響きです。
フランス語のジャンから変化した名前で、英語名はジョンです。

洗礼者ヨハネにあやかった名前です。
コネリーはアイルランド的な名前です。

エリザベスは英国のエリザベス女王で知られますが、ベティー
やリズは愛称です。

レオナルドダヴィンチの「モナリザ」は英語ではマダムリサで
フィレンツェの富豪がモデルらしい。

旧約聖書にエリサべトとういう人がモーセの兄アアロンの妻
として登場し、新約聖書では洗礼者ヨハネの母として登場します。

 - 勉強