実話をもとに創られたスウェーデン映画「短くも美しく燃え」。

      2018/02/05

1短くも美しく燃え

3短くも美しく燃え

2短くも美しく燃え

短くも美しく燃え」は1968年1月13日日本公開された
スウェーデン映画です。

監督・脚本はボー・ディデルベリ、主演女優はピア・デゲルマルク
主演男優はトミー・ベルグレン。

モーツァルトの「ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467」とヴィヴァルディ
のヴァイオリン協奏曲「四季」が使われています。

ピア・デゲルマルクは第20回カンヌ国際映画祭で女優賞を獲得しました。
簡単なあらすじは、

貴族で妻子のあるシクステン・スパーレ中尉は、サーカスの綱渡り芸人
エルヴィラ・マディカンと恋におちます。

そして、二人はそれぞれの立場から逃亡します。
この話は1889年に起きた実話です。

映画の題名は作詞家の岩谷時子さんがつけたそうです。
私が、この映画を見たのは17歳のとき、高校2年生でした。

まさに思春期であり、この画像と女優の美しさに感動を
覚えました。

全編に流れるモーツァルトのピアノコンチェルトは私の
心を打ちました。

最初が、一番幸せで
最後は、まさに悲惨なストーリーです。

時代はヌーヴェル・ヴァーグがフランスで始まった時です。
この動きが北欧に影響を与え、アメリカの渡りニューシネマ

でジョージ・ロイ・ヒル監督の「明日に、向かって撃て」(1969年)
が作られました。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードとキャサリン・ロス
出演の映画です。

1明日に向かって撃て - コピー

 - 映画